シラバス参照

印刷
講義名 通年/事業計画演習(小林)23秋開講
基準単位数 4
科目区分 演習(発展)
必修・選択 必修
配当年次 2年次
学習期間 学習期間2学期

担当教員
職種氏名
教授◎ 小林 英幸

オフィスアワー eラーニングサイトおよびメールでの質疑応答を受け付けています。
(メールアドレスは大学院グループウェアのアドレス帳でご確認ください)
授業の概要 受講生が実際に起業を行う、もしくは所属する企業において新規事業あるいは既存事業の見直し・再構築の発案を行うことを想定し、実社会にて通用する事業計画書を作成する。またその作業を通じて、アントレプレナーシップにおける様々なスキルを身に着ける。(※営利非営利は問わない。)計画の実施に必要な収支計画・資金調達計画なども設計を行い、中間および最終報告会において、教員および学外専門家からの評価・指導を頂く。
学習目標 当大学院MBAコースの集大成として、他の各授業で習得した知識や方法論も用いながら、事業計画を立案できるようになること。またその事業の実現性について、精査・検証・強化をしていけるようになること。
授業計画 第1/2週 問題意識の整理、テーマの構想
第3週 対面授業 #1
第4/5週 ミッション/ビジョンの策定、事業コンセプトの策定、ビジネスモデルのチャート化
第6週 対面授業 #2
第7/8週 対象業界の構造化(SWOT分析、STP分析、ペルソナ分析、競合分析、他)
第9週 対面授業 #3
第10/11週 ビジネスモデルのシナリオ化(製品/サービスの見える化(可視化・チャート化))
第12-15週 対面授業 #4、リハーサル、中間発表
第16-24週 中間報告での意見を踏まえて、ビジネスモデルの修正
第25週 対面授業 #5
第26-28週 ビジネスモデルの収益構造化(損益計画、システム計画書、他)
第29週 対面授業 #6
第30-32週 計画実行へのアクションプラン構築
第33週 対面授業 #7
第34-36週 組織体制、資本政策・資金調達計画の策定
第37週 対面授業 #8
第38-40週 事業計画書作成、プレゼン資料完成
第41/42週 リハーサル、最終発表
受講上の留意点 各ゼミで提示されるスケジュールに沿ってご受講ください。
※中間報告を行わなかった場合、授業の後半課程に進むことはできません。翌学期に改めて中間報告を行って頂きます。(1学期留年することになります)
※以下のような場合には教員の判断の下、中間・最終の各報告会への参加を許可しない場合があります。
・最低限の形式基準を満たさない
・教員の指導や助言を受けての改善がみられない
・直前での無許可のテーマ変更
成績評価基準 平常点(40%)+中間報告(10%)+最終報告(50%)

最終報告の評価項目は以下のとおり
1 ビジョン/理念/志  10%
2 ビジネスモデル・収益性 10%
3 市場性・スケーラビリティ 10%
4 競争優位性 10%
5 裏づけ調査による根拠 10%
6 必須要素の網羅と完成レベル 50%

※この科目は、以下の資料を期日厳守で提出頂くことが必須となります。
・プレゼン資料(Power point)
・事業計画書(Word)
・Before&After表
その他 「事業計画演習」は年間で4単位となるため、【春・秋】もしくは【秋・春】 の履修登録の際には、それぞれ2単位(1科目)として扱います。後半学期の履修登録の際には、既に2単位を登録済み(履修中)と考えますので、履修できる単位数は11単位までとなります。
当ゼミの特色 毎回テーマを決めて、着実に事業計画を作り込んでいく。フレームワークを多用する前半は、授業の最後に次回のテーマに関するレクチャーを行う。後半はブラッシュアップを図りながら、論文形式の事業計画書の作成にも注力する。
1.起業
ゼミ生が課題を持ち、自ら構築したビジネスモデルについて、市場性・競争優位性・収益性などの分析を行い、販売計画や人材採用計画なども策定して具体的な事業計画を作り上げる。
2.社内新規事業
所属企業の経営資源を使って新たな製品・サービスを企画・開発・販売する場合は、商品企画の手法を用いて市場分析、企画の構成・立案、販売戦略の立案などを行う。
求める受講者 世の中を良くしたいという想いを持った方であれば、どなたでも歓迎します。
必読書籍・参考書籍 ゼミの中で適宜紹介します。
対面授業
対面授業を適宜実施します。詳細は担当教員にご確認ください。