シラバス参照

印刷
講義名 23秋 後期/リーダーシップ特論I(「書経」)
基準単位数 1
科目区分 組織・人的資源(応用)
必修・選択 選択必修(経営人間学系)
配当年次 1・2年次
学習期間 学習期間1/2学期

担当教員
職種氏名
教授◎ 守屋 洋

オフィスアワー eラーニングサイトおよびメールでの質疑応答を受け付けています。
(メールアドレスは大学院グループウェアのアドレス帳でご確認ください)
授業の概要 「書経」は堯・舜・禹などの古代の聖天子と名補佐役達が目指した政治の理想をまとめた書であり、儒教の唱えた政治学の原典にあたるものである。この原典の講読と解説によって書かれたその背景などの理解を含め、先人の苦労を通して組織を統率する者はどうあるべきか、時代を越えて現代にも当てはまる指導者の心得の条件について探求を行う。
学習目標 企業を代表として組織の長となる者が、組織を統率するに必要な技術力や能力について「書経」に書きまとめられた歴史的事実を基にして考察を加え、参加する学生の持つリーダーとしての資質の養成を行う事を目的とする。特に、リーダーだけでなく、補佐役や後継者がどうあるべきかといった観点など、組織を統率する様々な関係者の立場から考察を加える事で、組織を支える様々な担当者の心得についても習得する。自分には何が欠けているのか。これから、どこをどう磨いていけばよいのか。自分なりの課題を見つけることを目標とする。
授業計画 この講義は、単なる知識の習得ではなく、最終的に「学んだことをどう受けとめたか」、「これからの人生や仕事のなかでどう活かしていくのか」を考察することで学びを深め、各自がリーダーとしての覚悟を固めることを目的としています。

第1章 堯と舜-理想の天子
・無為の姿勢とは / 国や組織をまとめていくコツ「寛」と「厳」のバランス

第2章 禹-治水の功労者
・上に立つ者七つの戒め / 「九徳」上に立つ者の条件

第3章 殷の湯王ー日日に新たに
・湯王の治世から学ぶ / 湯王の徳と伊尹の戒め

第4章 伊尹と太甲
・伊尹が太甲に示したトップの心構えとは

第5章 傅説と高宗
・「古訓から学べば、すなわち獲るあり」 先人の教えに学ぶことの意義

第6章 周の文王と武王
・周王朝を興した二人の名君から学ぶリーダーとしての心得

第7章 周公旦と成王
・名補佐役・周公旦と成王の戒めから学ぶリーダーとしての心構え
受講上の留意点 大学の既定のスケジュール通りに遅延なく受講してください。
成績評価基準 各章のレポート(70%) + 総合レポート(30%)
必読書籍 なし
参考書籍 帝王学講義 (プレジデント社)守屋洋著
[新訳]大学・中庸 (PHP研究所)守屋洋編訳
その他 ・中国古典に見る指導者の条件(守屋洋)を事前に履修していることが望ましい。
対面授業
対面授業は実施しません。